プロフィール

ミケ

  • Author:ミケ
  • 登場猫たち
    メグ(♀2003年生まれ)
    ボランティアで保護猫の預かりをしています
    現在ウチにいるのは、クレアとシイちゃん一家
    mail→nekoあっとnekomaneki.com
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

秋葉原女子学生会館

「秋葉原女子学生会館」という舞台を見てきました。
15人のキャストは全員女性!

物語の舞台は震災後、秋葉原にある古い女子寮です。
昔ながらの下宿といった雰囲気です。
でも寮の経営は大赤字。廃業寸前なのです。

維持する策として、医科大学の寮生を住まわせる
ことに。(先住人の3倍の家賃で♪)

で、先住 vs 新参 になるわけです。
それだけじゃなくて、フリーター vs エリート、
その日暮らし vs 勝ち組へのレールに乗ってる、
対照的な人たちです。

正直、幕が開いてからとにかくセリフがやかましくて
『やばい無理』と不安になりました。

でも物語はテンポよくすすみ、コミカルなシーンも
織り込みつつ、メリハリのある展開で引き込まれて
いきました。
医科大性たちが寮にきてからが本題といえるでしょうか。
物語がおもしろくなっていきます。

劇場も演目に合ったちょうどいい大きさだったのもよかったです。
恵比寿エコー劇場という130席のこじんまりした劇場です。
(椅子はちっちゃくて固いので長時間の観劇には向きませんが)
この作品は確か100分でした。


今までたくさん舞台は見てきました。
派手で豪華な商業演劇も、小さな小さな舞台も。
でも今回見た作品は、今まで見た中で一番感情移入し、
余韻の残るものでした。

帰りの電車の中でも、夕飯を買うスーパーの中でも、
帰宅してからも・・・胸を締め付けられるような、
ザワザワしたカンジがなかなか消えませんでした。

この気持ちはうまく説明できません(>_<)
そして寝なかったのがスゴイ!
私はセリフだけの場面とかが長く続くと、ほぼ100%、
寝ます!(勝手に意識不明状態に)

でもこの作品はストレートプレイにもかかわらず
まったく眠気も襲ってきませんでした。
集中して見れたってことなんでしょうね。


「秋葉原女子学生会館」は2月5日までです。
お時間のある方はぜひ。
チケは残り少ないようですが、ブログやツイッター
からも当日券予約はできるようです。

「秋葉原女子学生会館」


*防災グッズのつづきですが、夜また書く予定です!
ふたつのグッズを購入しました☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
グリムス
黒猫 Maukie
twitter
リンク
★★★★★