プロフィール

ミケ

  • Author:ミケ
  • 登場猫たち
    メグ(♀2003年生まれ)
    ボランティアで保護猫の預かりをしています
    現在ウチにいるのは、クレアとシイちゃん一家
    info★nekomaneki.com(★=@)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

メグ急変・クレアとシイ

なーんーでーーー!!
海に向かって叫びたい。
でも栃木に海は無い。

メグの症状が昨夜から急変してしまいました。
呼んでも無反応、ゴハンにも無反応。全てに無反応。
全く食べません。

「食べる」という行為を忘れてしまったかのよう。
シリンジで口に入れてみたけれど、飲み込まず。
水もほとんど口からこぼれ、少しだけ飲み込んだ
けど、むせてしまうかんじです。

ほんの数時間前までは、名前を呼べば来たし
ゴハンも食べたのに。なんで?!
こんなに短時間で変わってしまうなんて。

今日も症状は変わらず。
飲まず食わずです。

昨夜はほとんど眠れなくて、「明日は鼻とーるを鼻の穴に
注入してみよう!」と、頭の中でイメージトレーニングを
していました。

「鼻とーる」というサプリは鼻の穴の中に注入するのが
一番効果的みたいですが、メグは暴れるので無理。
今まではコットンに浸して穴の入口付近につけるのが
やっとでした。

最近思いついたのが、指先にたっぷりつけて鼻の穴に
入れる作戦。これはコットンよりもいいかんじでした。

でもやはり穴の奥に確実に入れたい!
メグの抵抗力が弱まっている今ならできるはず!!

今朝、鼻とーるをシリンジに入れ、メグをバスタオルで
巻いて、股の間にはさんで、右の鼻の穴に注入!
・・・たぶんできたと思う。

左にも、と思ったら穴の中に何かピンク色のものが!!
例えるなら口の中のお肉みたいなかんじのモノ。
腫瘍?!

鼻の穴の入口付近にまでそんなものができていた・・・
鼻筋の腫れは額付近にまで広がっているし。
相当辛いに違いない。

抗生剤も効かないし、また麻酔をかけて処置をするような
体力も残っていない。

もう、静かに看取る・・・そう決めました。

メグはひとりで猫部屋にいる時はたいてい眠っています。
でもリビングでフリーにしたり、私が猫部屋に入ると
とたんに徘徊しだすのです。いつまでも歩き続ける・・・

これは徘徊が始まった時からです。
なんでだろう?不思議。

それにボケた猫にありがちな、大声で鳴くということはなく、
静かなメグたんです。
ただ鼻づまりのズゴーズゴーという音だけがします。

Cさんにいただいた猫ベッドで休むメグ。
メグ
さきほどトイレにオシッコを発見。
私のこともわからなくなっているのに、ちゃんと
トイレでできたんだ・・・メグたんおりこうさん!

メグのそばにいたいけど、私がいると徘徊しはじめて
無駄に体力を使ってしまう。
もどかしいです。

スーが天国に行って、メグの鼻炎が悪化して、クレアは
脂肪細胞腫らしきものが目にでき、シイちゃんはクシャミ
が突発的に出てなかなか治らず。

悪いことばかりこれでもかと続くのは、今までの人生で
経験済みだけど、それが猫のこととなるとダメージが
大きいです。さすがに落ち込みます。

でも今日は嬉しいこともありました。

クレアのお気に入りの箱で、クレアとシイちゃんが一緒に
寝ていたのです!!

写真を撮ろうとしたら起きちゃった。
クレアとシイ
ピッタリくっついて寝ていたんですよ!

昨日、この箱にシイちゃんがひとりで寝ていました。
クレアのお気に入り場所を取っちゃったのかー・・・と、
気になっていたんです。

クレアのために新しい敷物も買って、箱に入れたばかり
なのに。クーたんはフカフカなのが大好きだから。

ベッドでの定位置も、クレアの場所をシイちゃんがとっちゃったし。
クレアのストレスがたまってしまうのでは?!と心配でした。

それが今日はふたり一緒!!夢のよう。
クレアとシイ

しばらくしたら、また眠りました。
クレアとシイ

猫たちが仲良くしてくれるのは何より嬉しいし、その姿を
見ると心が安らぎます。


スポンサーサイト

テーマ: 猫のいる生活
ジャンル: ペット

ブログ内検索
グリムス
黒猫 Maukie
twitter
リンク
★★★★★