プロフィール

ミケ

  • Author:ミケ
  • 登場猫たち
    メグ(♀2003年生まれ)
    ボランティアで保護猫の預かりをしています
    現在ウチにいるのは、クレアとシイちゃん一家
    mail→nekoあっとnekomaneki.com
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

ヨモギ、突然のお別れ

それは土曜日、朝のことでした。
なにやら騒がしい鳴き声がしました。
最初はカラスかと思いました。

でも、なんか声が近い・・・
探してみると、納戸にある猫トイレの中で
ヨモギさんが大声で鳴いていたのです。
今まで聞いた事のないような声で。

もうこの時点で嫌な予感はしてました。
トイレから出してみると、後ろ脚はピーンと
伸びきってます。麻痺して動かないんです。

すぐ病院に連れて行きました。
検査と治療のため一旦あずけて帰宅。

夕方お迎えに行きました。
予想通り、心筋症による血栓です。
生存率の非常に低い病気です。

レントゲンで見ると昨年8月よりも心臓がかなり
大きくなっていて、ポンプの機能もかなり弱く、
血栓を溶かす薬を点滴しているけれども、効果が
なく、いつ死んでもおかしくないような状態だと
いうことでした。

血栓は相当痛くて苦しいそうなんです。
安楽死という選択もあるとのことでした。

家で看取ろうと思いました。
痛みを抑える薬を注射してもらって帰宅。
メグたんはヨモギさんの鳴き声にびびって、隠れて
しまいました。別人(猫)のように聞こえたのかな?

ヨモギさんは病院にいる時からずーっと鳴きっぱなし。
大好きな缶詰も食べません。

少しでも血流がよくなるようにと、足をマッサージして
いましたが、肉球は時間とともに冷たくなっていきました。

痛み止めの注射は全く効いてないみたいで、夜通し苦しそうに
鳴いていました。怒っているような訴えるような声でした。

念のためもらっておいた痛み止めの座薬を入れてみました。
すると、すんなり入りました。肛門の中が冷たかったです。
これはもうダメなんだと、改めて思いました。

首筋から背中に沿ってフケが浮き上がってきていました。
そっとブラッシングしました。
ヨモギに初めて会った時のことを思い出しました。

『シャー』と言ってるヨモギさんの第一印象は、
「なんてデカイんだ!なんて汚いんだ!」でした。

でもブラッシングをすると、シャーしていたヨモギさんは
とたんにゴロゴロしはじめ、すぐに仲良くなりました。
あれからもう6年近くたったのです。


座薬の方はまったく効かず、朝になってもヨモギさんは
鳴き続けていました。

そこで日曜日の午前中、病院に別の薬をもらいに行きました。
今度のは眠くなるタイプの強力なやつだそうです。
これが効いて、ウトウトしはじめました。

ヨモギさんが家に帰ってきてから、初めての静かな眠り。
時折ムニャムニャ言ったり、手を動かしたりはしていましたが
苦しみはかなり抑えられたようでホッとしました。

それから約2時間後の12時50分、ヨモギさんは天国へと
旅立って行きました。穏やかな表情でした。

アンズと同じように心臓が原因でしたが、発症してから
わずか28時間後の出来事でした。

ものすごく苦しかったとは思いますが、アンズのように
1年半もの間ではなく、短時間だったのは本人にとっては
よかったのかもしれません。

前日まではとても元気で、いつものようにメグのゴハンを
狙っていたくらいでした。
最後においしいゴハンを食べさせてあげられなかった事が
すごく残念です。本人が食べられればなんでも好きなもの
あげたのに・・・28時間、まったく食べられませんでした。


ヨモギさんがウチに来たのは2006年6月22日。
最近では少しずつメグとの距離も縮まってきて、私は密かに
メグとヨモギの猫団子を夢見るまでに!

あともう少し長生きしてくれたらよかったのに。
あと5~6年は大丈夫なんじゃないか?と勝手に予想してたのに。
せっかくコタツの中を自分のテリトリーにできたのに。
可愛いピンクのキャリーも買ったばかりなのに!!


とはいえ、今までのヨモギとの生活は楽しいものでした。
手が内またになってるとことか、メタボな体で高速で走る
ところとか、可愛い姿がいろいろ浮かんできます。

いつもノホホンとしていて癒しキャラでおもしろいコでした。
エイプリルフールに旅立つあたりも、ヨモギさんらしいじゃん!
なんて思うのでした。
『ウソぴょ~ん☆』なんて言いながら起き上らないだろうか・・・

土曜日夜、帰宅直後のヨモギさん。
ヨモギ
スポンサーサイト

テーマ: 
ジャンル: ペット

コメント

ヨモギさん、あまりにも急で…
心筋症って前兆がないんですね…でも、痛みも和らいで、ミケさんの元で穏やかに逝く事が出来たのは
ヨモギさんも幸せだったと思います。
アンジェリカを着けたヨモギさんはステキでした。
さんかくとお揃いです。
ご冥福をお祈りします。

ありがとうございます!

こんなに急な別れは今まで経験したことがなくて
なんだかまだ実感がわきません。
人間用のお刺身もついヨモギさんの分まで切り分け
ちゃったりして。

アンジェリカ、今の季節にピッタリですね☆
華やかな柄は気分も明るくなります!

非公開コメント

ブログ内検索
グリムス
黒猫 Maukie
twitter
リンク
★★★★★