プロフィール

ミケ

  • Author:ミケ
  • 登場猫たち
    メグ(♀2003年生まれ)
    ボランティアで保護猫の預かりをしています
    現在ウチにいるのは、クレアとシイちゃん一家
    mail→nekoあっとnekomaneki.com
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ

新顔続々登場

近くに猫屋敷があるため外に猫が
たくさんいます。
そしてウチにも遊びに(ゴハンもらいに)
やってきます。

今日は外で子猫らしき声がしたので
「ふくちゃん!?」と、急いで窓を
開けたら、初めて見る猫がいました。

生後4~5ヶ月かな?白キジのコが!
そのコが部屋の中に入ってこようと
するので、阻止してるとムギと白黒
ブチのコも登場。

白黒ブチのコはなんとも個性的な柄です。
ゴマちゃん以外で白黒のコは初めて。
白キジと違ってビビリさんです。

ゴハンに食いつくムギと白キジ。
ビビる白黒ブチ。
グレポン一家

そしてすぐグレポンパパとモモ(半長毛のコ)も
やってきました。
猫ラッシュ・・・

ムギと白キジに挟まれているのがモモ。
しっぽがフサフサで超長くて立派なんです。
グレポン一家

窓を閉めてカーテン越しに観察してたら
クロ、グレポンもやってきました。

白キジのコはグレポンパパに似てるので
きっと子供だと思います。
その他のコたちも大きさ的に兄弟猫かも。

白キジは「グミ」白黒は「すず」と命名。
クロ・モモ・グミ・すず・コブチはたぶん
兄弟かな?それか、同時期に生まれたか。

でもこの辺唯一の白黒猫のゴマちゃんは去勢済
だし、クロとすずの毛色はどういうこと?
猫の毛色の優性遺伝について知りたくなりました!
スポンサーサイト

ムギとゴマ

最近ムギもよくウチにやってきます。
今朝も窓を開けたら「オハヨー!」と。

植木に水をあげてたらゴマも登場。
この辺の猫一族になぜか嫌われまくって
いるゴマちゃん。

たぶん血縁ではないからかな?
白黒柄の猫はゴマちゃんだけです。

仲がいいのは世話焼き女ボスのムギだけ。
ゴハンを食べるゴマ(お尻)とムギ。
ムギとゴマ

先に食べ終わったムギがまた強引に
部屋の中に入ってこようとします!
ムギとゴマ

とりあえず阻止!
ムギは足を拭かせてくれないし、ゴマと
違って目を離せないし!!!

阻止されてふてくされているムギ。
ムギとゴマ

ではなくて、この時ちょうどすごい突風が
吹いたのです。
ムギが飛ばされるかと思った・・・

そんな中、マイペースに食べ続けるゴマちゃんでした

メグのお気に入り&ふくちゃんその後

晴れているとメグたんは活発になります。
今日も窓際でひなたぼっこしたり、箱で
遊んだりして元気!

10月5日のブログにもちらっと登場した
メグたんお気に入りの箱。

入って遊んでいるうちに、すっかり分解
されてしまい、齧ってはちぎり齧っては
ちぎり・・・

で、こんな形状に。
メグ

ちぎった切れ端も大のお気に入りで
重要アイテムなので捨てられません。
メグ
これを投げるとキャッチしたりパンチ
したり齧ったりして遊びます。

すっかり平面状になってしまった箱さん。
これに潜ったり、のっかったりして
ご満悦のメグたんなのです。
メグ

***************

11月11日に現れた子猫のふくちゃん。
14日の午後から姿を見かけません。

一度捕獲したのに放してしまったことを
深ーく後悔しています。

あの後、3段ケージをリビングから和室に移動し
和室で保護する準備を整えていました。

そして「折りたたみソフトケージ」の存在を
思い出しました。
非常時用にと買っておいたものです。


このケージの存在をすっかり忘れていました
これなら子猫がすり抜ける心配もないし安全!

あの日これを最初から準備しておけば・・・
あの日が休みの日だったら・・・

何事も準備とかタイミングが重要ですね。

昨日外で子猫のような鳴き声がしたので
ふくちゃんかと思って探しました。
でも姿は見えず。

がっかりしてボーッと外を見ていたらムギが
やってきました。
そして勝手に部屋に入ってきて(おい)部屋中
隅々まで点検して出ていきました。

ムギももしかしたら、ふくちゃんを探している
のかも?「ウチのコ返しなさいよ!」みたいな。

***************

おとといは猫ラッシュでした。
なぜかウチのベランダに近所の猫がわらわらと。

ゴマ&ムギはもちろん、新顔の半長毛中猫や、
久々のビビリン、グレポンパパ、クロなど。

ビビリンは以前ほどびびってなくて、体も
すっかり成猫の大きさになっていて、何より
驚いたのはエリザベスカラーをしてたこと!

避妊手術を受けたのではないかと推測。
年齢的に見てもほぼ確実。
なんか少し安心しました。
ゴハンだけあげて放任のお宅なのかと思って
いました。

もしかしたらふくちゃんもいるかも。
ウチより居心地良さそうなお宅なので・・・
そう願いたいです。

子猫のふくちゃん捕獲。しかし・・・

今日も子猫のふくちゃんはやってきました。
ムギにつきそわれてきました。

仲良くゴハン。
ムギとふく

しかも撫でても逃げません!!
これは保護するチャンス・・・

ドキドキしつつ、食べ終わったふくちゃんを
そっと抱き上げました。
意外とおとなしく、撫でるとゴロゴロいってます。

でも3段ケージに入れるとパニくって、ケージを
よじ登り、すぐにすみっこで固まってしまいました。

優しく話しかけたあと、ケージから出して抱っこ。
5分以上ずっとおとなしくしてました。

もう大丈夫かな?とケージに入れてちょっと目を
離した隙に、なんと部屋を走りまわっているでは
ありませんか!!!

ケージの柵の隙間の幅は約3.8cm。
そこから出ちゃったんです

逃げ回るふくちゃん。
でもキッチン用ワゴンの横に潜りこんだところを捕獲。

外ではムギが怒って鳴いてます。
『ウチのコに何すんのよ!』的な・・・
(*ムギは避妊済ですがこの辺の女ボスで、今まで
たくさん子供を産んでいるようで世話焼きなのです)

とりあえず外に出しました。
今日は快晴で暖かいし。
様子見しようかと。

するとムギはふくちゃんを呼んで(←振り向いて鳴く)
近くの猫屋敷へと入っていきました。
この辺にいるゴマ以外の猫はほとんどこの猫屋敷に
出入りしています。

ふくちゃんはあそこのお宅の猫なのか?!
そうか、それならもう私が保護することもないな・・・
と思い、後姿を見送ったのでした。

ところが数分後ふと見ると、ふくちゃんだけが
猫屋敷の前にポツンと座っています。
(寂しげな姿)

そして30分ほどたった時にムギがまたふくちゃんを
連れてやってきて、ふくちゃんだけ置いて立ち去り
ました。・・・どーゆーこと?!

でもふくちゃんはしばらく座っててどこかに行って
しまったのだけど。

さらに1時間半後、またまたムギがふくちゃんを
連れてやってきました。

今日何回このコたちにゴハンあげてるんだろう。

ムギはゴハンを食べ終わるとおもむろに部屋の中に!
足を拭こうとしたら拒否されました。
部屋中のニオイをかぎまわり、まるで点検でもして
いるかのようなムギ。

点検終了し、なぜか大声で鳴きながら去っていきました。
ふくちゃんを残して。
ムギはなんて喋っていたのでしょうか?
猫語がわかればいいのに。

ふくちゃんは呼ぶと小さい声でお返事します。
でもなかなか近づいてきてくれません。
30分くらい粘ったのですが、ダメでした。
出かけなきゃいけないし・・・

快晴だった天気が急に曇って寒くなってきました。
雨が降らなければいいのだけど。

ふくちゃんは抱っこもできるのがわかったし、ムギの
了解も得たよう?なので、またゴハンの時にでも
保護にチャレンジしてみます。

ウチのメグたんはといえば・・・布団に潜って
ひたすら寝てます。(無関心)

子猫現る!

ウチに子猫が現れました!
先週金曜日に子猫のような鳴き声がしてたんです。
でも最近発情期の鳴き声も多くて、それかな~
とも思ってました。

そして日曜日。
朝7時半にゴマの声で起床。
ゴマちゃんがこんなに朝早く鳴くのは珍しい。
たいていは早くても8時半くらいです。

で、ゴハンを用意している時にまた、ゴマでは
ない鳴き声が。外を見ると毛足の長い茶トラの
子猫ちゃんが!!!

窓を開けたら子猫は逃げてしまったのですが、
ゴマが来てゴハンを食べ始めると近づいて
きました。

ゴマちゃんと仲良くゴハン。
ゴマとフク
ゴマちゃんは子猫にも優しいです☆

可愛い
フクちゃん

生後2~3ヶ月でしょうか。
茶トラだから男の子かな?
とりあえず縁起のよい「福」から「ふくちゃん」と命名。

ふくちゃんは昨日も今日もやってきました。
たいていはゴマも後からきて、自分はたいしてお腹が
すいてなくても食べてみせて「大丈夫だよ」と教えて
いるかのような振る舞いをします。
ゴマが一緒だと、ふくちゃんは安心して食べ始めます。

このあたりには茶トラの猫はいないので、捨てられたか
離れたテリトリーに住むノラ母さんとはぐれてしまったか
どちらかなのでしょう。

ふくちゃんは他の猫には近寄っていきますが、人間には
警戒心が強いです。(ゴハンはしっかり食べるけど)
外でひとりで冬を乗り越えるのは至難の業です。

昨日は雨が降ったし、最近冷え込んできているし、
保護したいけど、逃げ足が素早いです。
なるべく怖がらせないように、なんとか保護します!


綺麗な空です!

ムギとゴマ

今日もゴマちゃんは「ゴハンちょーだい」とやってきました。
すっかり日課になってしまいました。
ゴハンを用意して持っていくと、ムギちゃんもきていました。

白黒がゴマちゃん、右のコがムギちゃん。
ムギとゴマ

ムギちゃんは毎日来るわけではなくて、1週間くらい
こなかったり、立て続けに毎日きたり、不規則に
出現します。

曇っていて寒いのに、なぜかゴマちゃんの体はホカホカ。
ついさっきまでコタツの中にでも入っていたのでは?と
思うくらい、体の表面が温かいんです!
熱でもあるのか?と耳を触って確認しちゃいました。

どんな1日をどこで送っているのか謎多きゴマ&ムギ。
外で暮らしていても、この辺の猫たちはのびのびと
幸せそうにしています。

でもこれからもっと寒くなったらどうするんだろう・・・
まだ那須塩原の冬を体験していない私よりは、猫たちの
方が冬を知る先輩ではありますが。


こちらは文化の日の空です。
空

空

景色を楽しむために自転車で買い物に行きます。
往復10キkmくらいでも全然苦になりません。
同じ距離でも都内を走るよりずーっと楽です♪

空が綺麗なので、つい自転車をとめて写真を撮ります。
こんなことしているので、目的地に行くまで余計に
時間がかかりますが、楽しいひとときです!

ゴマのスゴ技

おとといのことです。

ゴマが部屋の中に入ってきて、毛布を敷いた
ダンボール(ゴマ専用の猫ベッド)で熟睡
しはじめました。

でも私は出かけなくてはいけなくて。
以前も留守番とかお泊りはなんとか大丈夫
だったので、和室の戸を閉めてそのままGO!

しかし・・・帰宅時間が遅くなってしまい
慌てて玄関のドアを開けたところ、ゴマが
廊下を走ってきて一直線に外に出ていきました!

本当にマンガみたいな一場面。

もしかしてウンPを我慢していたのでしょうか。
(ネコトイレではおしっこしかしないゴマちゃん)
猫ってあんな猛スピードで走れるんだとビックリ。

そして廊下にはGEROが。
メグたんなのかゴマなのか・・・たぶんメグ。

和室はどんな状態なのか!恐る恐る見てみると、
戸はもちろん開いてました。
でもフスマにも部屋にも傷ひとつありません!

最初は窓から出ようとしたのか、カーテンが
めくれてました。
どうしても出たかったゴマは、最後の手段として
和室の戸を開けたのでした。

いつもゴマが部屋に入ると戸を閉めてメグと隔離
するので、その動作を見て覚えたのでしょう。
というか、確実に室内で暮らした経験があるはず!

ピタッとしまっててしかもかなり重い戸なのに
鮮やかに開けたその技に感心しました。
さすがゴマちゃん。

室内を探検して、メグが残したゴハンも食べたはず。
メグは私が出かける時は布団にもぐっていました。
帰宅後はびびっていたので、ゴマと対面したのは
間違いないですが、まさか恐怖でGERO?

こちらがその和室の戸。このくらい開いてました。
メグ

メグ

ゴマちゃんが望むならウチの子に、と考えていますが
戸を開けるし、ケージは嫌がる、となるとメグとの隔離
ができないので難しいかな・・・外も好きみたいだし。
実は飼い猫かもしれないし。 ← 一番知りたいのがコレ
ブログ内検索
グリムス
黒猫 Maukie
リンク
★★★★★